日別: 2017年4月21日

以前から気になっていたパウダーの量により、色がどのように表現するかを

確かめてみました。

用意したのは、4㎝角のBUFD1101を4枚と0114のパウダーです。

BUFD1101にそれぞれ1g,2g,3g,4gの0114のパウダーを乗せて

平らにならしました。

4gそのものは、乗せるのも大変な量になります。スプーンを使って

平らにしたので模様がついています。

.

この試験片を770℃-10分キープで焼成しました。

1g(0.08g/㎤)     ・     2g(0.16g/㎤)

.

3g(0.24g/㎤)     ・     4g(0.32g/㎤)

.

上の結果は、半径2㎝の円内に何gのパウダーが乗っているか?から

計算しました。

「1gのものは、ほのかに色づく程度、2gでも下のものが透けて見え、

3gでは透過光が見えて、4gでは光を透過しにくい。」という結果

が出ました。

これを目安に何かできないか思案しています。

.

ITO

電話する

お問い合わせ