年: 2021年

カットがし易く、割と安価なSPF(OGT)ガラスでサンタクロースにぴったりのガラスをご照会させていただきます。

 

(サンタの服)
SPF 250-72S
赤のオパールセント

 

(サンタの肌)
SPF 291-61S
淡いベージュのオパールセント

 

(サンタの髭)
SPF 209FL
ホワイトオパールのモコモコ

今シーズンのサンタクロースはこれでいかがでしょうか 

 

 

KANDA

今月新発売のプチ行灯用パターン№29397「PSポインセチア」が好評です。

それにともない№54149「FA四角ベースDK」も好評なのですが、こちらは残りわずかで無くなり次第一度廃番となります。

サイズはそのまま材質をリニューアルして再登場の予定です。(発売日は未定)

お急ぎの方にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。

 

 

TAKADA

最近、アンドロイドのスマホのバックボタンが使えなくなる現象に悩まされてましたが、

解決!2つのセキュリティアプリがケンカしてたみたいで、片方消したら症状が解決された。

モレッティーです。

 

さて、前々回のバラに続き咲かせるシリーズ。

今回は椿。「気取らない優美さ」って花言葉もあるそうな。

 

デザインはこんな感じ。

絵の様ないい色合いとボリューム感を狙う。

 

使うガラスはこんな感じ。

深めの落ち着いた いい赤。

 

型紙はこんな感じ。

 

陰影などの濃淡のあたりをつけていいところを選ぶ。

 

 

切ったのがこんな感じ。

もうすでにいい感じになる予感しかない。

 

組んだのがこんな感じ。

咲きました。美しい。

 

花の周りを養生してあるのはパテを入れる際にガラスの模様に

入り込んでしまわぬようにする為。

仕上がったらまた紹介します。

 

お楽しみに。

 

今日はフュージングや商品の使い方などの紹介から離れて、最近の輸入荷物事情について触れてみたいと思います。

 

世界では色々な事が起こっているなー。と思いながら、普段ニュースを見たり聞いたりしています。時々、馴染みのない地名・事柄の名称を耳にしたり、何となく知っているつもりだけど、詳しくは分からない。という事も結構あります。最近スマホでポッドキャストなるもの(アプリの一つでジャンル分けされた番組を音声のみで聞く)でニュースを聞いています。番組の一つに“News Letter”というのがありまして、一日一個のニュースを5分程度で解説してくれる番組で、その説明が分かりやすくて気に入っています。例えば、先日のアフガニスタンでのタリバン政権の復活。アフガニスタンがなぜあのような紛争地域になっていったかなど解説してくれたのですが、とても分かりやすい解説だと思いながら聞いていました。

 

さて、この番組で最近の中国事情をいくつか話していました。今、中国で注目されているのが、大きな不動産会社の巨額の債務。その債務の金額の大きさから、もし債務不履行になったら世界経済にも影響が及ぶのではと心配されています。また、もう一つは同国の電力供給制限に関して。この電力供給制限は、現状では脱炭素社会を目指すCO2排出削減の目標に届かないとの見込みから、各地で火力発電の制限をしてCO2排出を減らす。と言うのが報道上の情報ですが、実は中国は石炭をオーストラリアから輸入しているのですが、中国とオーストラリアの関係悪化に伴う、石炭の輸出制限で火力発電に必要な石炭の量が足らないというのが実情らしいです。また、冬季オリンピック前までに少しでも空気を綺麗にしておきたい狙いがあるのではないか?という事も言っていました。「へー、中国ではそんな事が起こっているんだ。」などと、感心しながらニュースを聞いている場合では実は無いんです。海を渡った広大な国で起こっている事が、弊社が輸入している商品に大きく関わってくるからです。中国四川にはKLベースやKSLベースを作っている小さな工場があり、もし電力供給を止められたら、ベースが作れなくなってしまうんです。今の所は大丈夫だと連絡はもらったので、少しホッとしています。

 

もう一つ、気になる事と言えば、世界的に起こっている物流の遅延。例えば、アメリカの西海岸沖では70隻もの船が着岸するのを待っているという情報を日本の船会社さんからもらいました。コロナの影響で港で働く人数が足らないにも関わらず、巣ごもり需要でアメリカの輸入の物量が増えて、港での作業が遅れていることが原因だそうです。また、アメリカ国内では陸輸送のコンテナーが足らず、工場から荷物が出荷されても、鉄道ターミナルで荷物が待ちぼうけの状態だそうです。まさに先日のココモがその状態でした。ガラスがアメリカを出てから、日本に届くまでの時間が格段に伸びているのは、この事が原因だったんですね。通常の2-3倍の時間がかかっていて、日本入港予定が8-9回も変更されるような事も起こっています。このような状況下で、2022年のカレンダーもその遅延に巻き込まれておりまして、10月には入荷する予定でしたが、今なおアメリカを出ていないのが現状です。荷物をお待ちのお客様には大変ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

 

地球温暖化による天災や、地域紛争、民族同士のいざこざなどなど、一見地球の向こうの方で起こっている事も、直接私たちの仕事・生活に影響してくる時代ですね。金属相場や原油価格の上昇などは、まさにその事柄の一つですね。

 

と、マイナス要因を上げれば切りがないですが、そんな事を並べ立てても何も良いことはありません。これらの事は事実として受け止め、それらを踏まえ今私達にできる事を考え・行動に移すことがきっと“前向きな考え“と言うんですよね。なので、前向きに荷物を入れれるように、がんばります!!

 

 

by jun

ロンデルです

長野市の、ながの東急百貨店にて

インテリア家具&ライフスタイルフェアに

出店しております

 

 

 

座ったり触れたりして体感できる

オシャレなソファ・ダイニングセット・ラグやベッドなども

沢山あります

期間10月8日から12日まで開催してますので

長野に来た際は、寄ってみて下さい

 

 

今日からブログを書かせていただきます、藤田です。
4月に入社して入社半年程の新入社員です。(といっても年齢はいってますが…)

 

 

 

 

写真は初めて面接に行った時の当社の応接室です。
壁に飾ってあるキラキラしたステンドグラスが目に入り、
これからの期待に胸が躍ったのを覚えています。

 

このブログでは新入社員からみた当社の魅力や、ステンドグラスの魅力を
自分の勉強も兼ねてご紹介していけたらと思います。
これから宜しくお願い致します。

 

 

Fujita

こんにちは、今日から10月がスタートしました。

早いですね、今年もあと3か月!!!

そして今日から全国的に緊急事態宣言が解除されましたが

何を一番にしたいですか???

私はやはり旅!

コロナになって国内を旅する方が増えたようで、ある意味

自分たちの国を知る、内側を知るにはいい機会だったのかなと

おもいます。

私も先日、旅ではないですが奈良まで往復いってきましたw

 

3月から打ち合わせをしていた某メーカー様の個人邸ですが

玄関入って驚きました。

アールヌーボーがお好きなお施主様で照明もエミール・ガレ風の

ガラスの照明でした。

施工箇所としては私の物件では珍しい納まりで、垂れ壁の代わりに

ステンドグラスを設置しました。

デザインの曲線のラインにこだわり、太さに強弱をつけるために

ケイムをけずったり、またガラスも今は無き貴重なアンティークガラスを

使用しました。

やはりアンティークの色合いはなんとも言えないいい色です。

シンプルなデザインの依頼が多いですが、このようなデザインも

やっぱり素敵ですね

(納期をちゃんともらえたらなお嬉しい・・・)

 

また、最新の施工事例ご紹介しますね。

フリモントでした♡

 

最近まで暑い暑いと口癖のように言っていたのに少しずつ過ごしやすい気温になってきましたね。きっともうすぐ寒い寒いが口癖になることでしょう。。。

さて、先日OGTよりSPFが入荷いたしました!

 

木箱から取り出しキャスターに乗せて棚入れをしていきます。

 

 

過ごしやすい気温になってきたと言ったのも束の間、この一連の作業を繰り返しているとやっぱり暑い…マスクが苦しい…笑

ハーフサイズ(約60×60)で入荷しているものもありますので、ご注文頂く際はご注意くださいm(__)m

 

 

 

OYA

スティップルです。こんにちは!

 

先日、某ハウジングメーカーのショールームでの展示物の搬出の帰り、

他のスタッフと愛知県三の丸庁舎に寄りました。

 

 

 

建物の竣工以来ずっと実物を見ていなかったのでどうなっているか確認したかったのと、

新人くんに十條の施工例を一度見てもらいたいと思ったからです。

 

 

受付で許可を得て庁舎内に入り、見学&写真を撮らせていただきました。

 

 

 

中央のエントランスから振り返って見上げると、おおっ、思っていたよりでかい!

 

アンティーク・ガラスがふんだんに使用され、庁舎内に入ってくる光が神々しいゾ。

ステンド用のガラスが入手しづらい昨今では、

これだけのアンティーク・ガラスを揃えるのはもう難しいだろうなあ・・・。

 

ちなみに、このステンドグラスの題名は、『ONE WORLD』

“肌の色や言葉、人種や宗教の違いを乗り越えて、様々な人達が一つに繋がりあえるように”の願いを込め、

陸地部分はあえて色を使わず、クリア系のガラスを使用、

面取ガラスのプリズム効果で光がよりキラキラ輝くようにデザインしました。

 

また、国際交流センターということで世界各地から留学生が集まる施設。

地図で見た時、自分の出身の国が無いということがないよう、

小さな小さな島さえ省かないように注意したっけなあ。。

 

 

 

1996年制作とのことで、んんん25年前!か・・・

ぼくもずいぶん年を取ったもんです。

 

 

我が家はいわゆる集合住宅的なところなのですが、いつの頃からか

住人が管理している花壇ではないところに彼岸花が咲き始めました。

毎年何十本も見事に咲いているのですが、聞くところによると誰も

面倒をみてはいないそうです。

随分丈夫な花なんだなぁと思ってはいたのですが、ふと気が付いたら

それまで生えていたのとは別のところにまで生えるようになっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

出かけようと玄関を出て通りすがりに見下ろしたらたくさん花が咲いていてびっくり!

ここ以外にもあっちもこっちも。

キレイではあるのですが確か毒があると聞いたような気がするので触らない方が良さそうですね。

 

213

電話する

お問い合わせ