こんにちは、スティップルです。

 

7/31のブログでアマビエの商品開発のことを書きましたが、

販売にあたり、パッケージのデザインをすることになりました。

 

まずは、『アマビエ』のイラストとロゴとを考えます。

 

イラストには海のイメージを入れ、

ロゴにはちょっと不気味なイメージを入れてみよう!

いろいろ考えた末、ラインを描いてみます。

 

 

 

 

ロゴにはさらに和柄を混ぜられないか?

いろいろ調べてみることに。

 

◆ 青海波(せいがいは)

海の波をモチーフにして半円を規則正しく重ねた文様。

大海に広がる穏やかな波のイメージから平安な暮らしが

いつまでも続くようにとの願いの込められている縁起柄。

 

 

◆ 矢絣(やがすり)

矢羽根を絣織で表現した文様。

放った矢が戻ってこないことから婚礼の際の縁起柄とされている。

 

 

◆ 市松(いちまつ)

歌舞伎役者佐野川市松が舞台衣装に用いてこの名称で呼ばれている。

いわゆるチェック柄。

 

 

◆ 麻の葉(あさのは)

麻の葉の形に似てることからこう呼ばれてる。

産着の柄にもよく使われ、魔除けの意味を持ってるとのこと。

 

 

◆ 七宝(しっぽう)

同じ大きさの円を重ねた文様。

円がどこまでも続くところから、円満や平和の意味も込められている。

 

 

◆ 籠目(かごめ)

編んだ竹籠の編み目から生まれた文様。

正方形を重ねた星形は魔除けとしても使用されるとのこと。

 

 

◆ 亀甲(きっこう)

亀の甲羅の形に由来した文様。

亀は長寿の象徴として縁起柄としてよく使われてる。

 

 

ふ〜〜〜ん、さすが伝統の和柄。

模様自体普遍の面白さがあるけれど、

それぞれ深い意味も有してるのね。

 

 

で、何を使うか?迷った結果、

やっぱり波のイメージということで青海波を使うことに。

ロゴに合成してみる。↓

 

 

分かるかな?

文字の中に青海波がいるんだけど・・・↓

 

 

うん、波感と不気味感がうまくマッチされた!

 

 

全体ではこんな感じに仕上がりました。

 

 

 

 朝夕寒いくらいになりました。

 モレッティーです。

 

 ちょうどジンクケイムの半田付けをしてるので今回は半田付けを紹介。

 やや長い間放置した鉛やジンクケイムって半田が上手くできなかったりする。

 

こんな感じ。

 

 特に左側は全然ダメ。こういうのは後々パリって剝がれてしまう。

 金属の表面の酸化し過ぎているのが原因と思われる。

 対策としては、とにかくケイムの表面を磨く以外にない。

 

 そこで、

 

 

 まず、ジンクケイムの場合は浸透潤滑剤をスチールウールに浸み込ませて

 磨いて布で拭き取る。鉛ケイムはメラミンスポンジで優しく。

 半田をする部分は直前にアルコールで油膜を拭き取っておく。

 そこ以外は潤滑剤は酸化を防ぐ保護膜になってくれる。(主観)

 それでもいまいちなら、布に研磨剤を含ませて磨く。

 それでだめなら、お手上げ!諦めて新しいの用意するしかないかな。

 誰か他にいい方法をあったら教えてください。

 

 でバッチリこんな感じ。

 

 熱に強い判田専用マスキングテープ(9mm幅1袋12巻き入り)を貼って

 半田が流れないようにしてます。

 フラックスを拭き取ったつもりが残っててケイムが曇ってますけど。。。

 

 半田付けのメカニズム的なこととかフラックスの役割について紹介したいが

 長くなるので、次回。

 次回は理科です。

 

ロンデルです。

近日にアンティークミラーを取付ける物件がありますので

アンティークミラーの種類を紹介します。

 

 

(元板サイズはw1220×h2400です。)

 

ミラーでもデザイン性が有りますので空間に合わせると素敵です。

今回はANM-21アンティーコヴェネツィア―ノを取り付けますので

次回参考に施工例写真をUPします。

お楽しみに!!

 

 

こんにちは、フリモントです。

9月に入り、朝晩すこぉし涼しくなってきましたが

昼間はまだまだ37℃くらいまで上がる日も・・・

まだまだ夏を感じながらも美味しい秋を

味わいますw

 

さて、世界のステンドグラス2回目

先回と同じくドイツに住む友達が送ってくれた

教会をご紹介します。

 

 

 

じゃじゃーん★

ケルン大聖堂です‼

この教会は私にとって親しみがあります。

というのも、ずっとつづけているステンドグラス研修の中の

歴史について話す内容にこの教会が登場してくるからです。

 

このケルン大聖堂本名はw

 

“ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂”

 

といいます、舌かみそう(笑)

ゴシック様式の建築物として世界最大であり

完成するのに約600年の歳月がかかっているそうです。

 

あのサグラダ・ファミリアが着工から150年で完成とされているので

そう考えると壮大なスケールなのがわかりますね。

(想像できないけど・・・)

 

 

 

 

 

 

ステンドグラスをみると時代背景が分かるのですが

このころは旧約聖書を物語にしたステンドグラスから

この時代の貴族たちや紋章がモチーフになっていたりします。

 

意外と歴史背景からステンドグラスをみてみるのも

面白いなと思えるようなってきました。

研修やってると一番寝ちゃってる人が多い時間だけど(笑)

 

前回のシャガールのステンドグラスとは全く違ってこうやって

記事を書いて発見できることがあってまだまだたくさん知らないことが

多いと感じるわたくしでごさいました。

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、スティップルです。

暑いですね!でも今週で8月もほぼ終わり。

子供の頃からの習性か、夏の終わりが目前に迫ると、

なんとも寂しい・・・・ね。

 

さて、今回はデザインの話です。

仕事柄、花のデザインをすることも多いのですが、

ステンドグラスの中でもモチーフとして一番使われやすいのがバラ。

ステンドグラスデザイナーになったからには、

バラは眼をつぶっていても描けないとあきません。

 

バラにお詳しいお客様からご依頼があると、

微妙なディティールにまで拘られることもあります。

 

 

↑ のデザインをプレゼン後、お客様から

「私の好きなバラと違うので、これを参考にデザインして」

と、資料を渡されました。

 

 

これがお客様のバラのイメージ。最重要点です。

そういうわけで、この資料を穴の開くまで見ます、見ます、見ます・・・

そして自分でも様々な資料を探し、図鑑なども見ます、見ます、見ます・・・

そして次のプレゼン。↓

 

 

並びを変えてこんなプランも合わせて作成。↓

 

 

さらにディティールの変更依頼。↓

 

 

↑ の花びらの重なりを↓ へ修正依頼。

 

 

わかるかな? さらに。

 

 

↑ 横向き過ぎが気になるとのことで修正。↓

 

 

これはわかるね。

そんな感じでお客様と私しかわからないような修正を繰り返し、

 

 

 

↑ の2枚は真ん中のピンクの花の位置の違い

 

 

 

 

↑ の3枚は真ん中の花の位置を左に寄せ、一部花の形を変更し、

さらに花の色の組合せ違いを3パターン。

と様々な修正の後ようやく決定デス!

 

 

どのデザインが決定案かわかったかな?

 

 

 猛暑が続きますが、如何お過ごしでしょうか?

 モレッティーです。

 

 制作の話もしたいけどネタが尽きてしまうのもあれなので、

 今回は梱包の回。

 

 ☝これ作りました。

 

 

 普段は簡易な段ボール梱包をしているが、今回はクレーンで上げて

搬入するかもということで頑丈なのを用意することに。

 梱包にも色々ある。

木材を使うものには、密閉板張り、密閉合板張り、すかし板張り、のざっと3つに分かれ、

国内梱包では”すかし板張り”が人気らしい。

 

 すかし板張り

 

 コスト面で他の梱包法より良いらしい。

 今回は隙間から何かが突っ込んできて割れては困るので、その点でも”密閉合板張り”を採用。

しかもホームセンターで材料をそろえるなら費用は千円も変わらないし、手間も考えたらパーツ

の数からして”密閉合板張り”に軍配。

 

 ぴったし。

 蓋にも梱包材  

 合体

 バッチリ!!

 持ち手もついていい感じ。

 

 反省点あり。倒れんように脚をつけたのは良かったが、ダメだった。。。

運ぶときにそこに脛が当たりまくる。次回への課題。

 しかも今回はなんとクレーンは使わず、キャスターに乗せてエレベーターで上まで上がり、

そこから手運び。ここまでの梱包いる?って感じだった。 脛が痛い。

 

 さらに今回は施工のタイミングが合わず、現場にステンドを置いてくることになった。

ということで結果、あって良かった。なんのこっちゃです。脛が痛い。

 

 ガラスの加工も面白いが、木の加工も面白い。

 脛が痛い。

 

ロンデルです。

ダルガラスをデザインに合わせ貼りやすい形も考慮し専用のハンマーで割ります。

 

ガラスを窯で焼きます。

焼くことで表面が滑らかになり光沢が出ます。

キラキラするように角が少し溶けるぐらいにします。

触れても安心です。

今回はフュージングパーツと面取りガラスの組み合わせで

流れるように並べて接着します。

ダルの重厚感やフュージングの透明感もあり

 光が当たるとキラキラして綺麗です✨

 

暑いぃ~い夏

やっと夏らしくなりましたが

今年の夏はなおさら暑い💦

マスクが・・・・

水分補給を忘れがちなので意識して

熱中症にも気をつけましょうね☆彡

 

前回までここ最近の施工した物件をご紹介してきましたが

今回は世界のステンドグラスに目を向けたいと思います。

というのも、先日ドイツに住む友達から教会に行ってきたよ~

と素晴らしい写真を見せてもらいました。

 

 

 

ドイツのマインツという街にある

ザンクト・シュテファン教会

別名青の教会として知られています。

 

もぅ、めちゃくちゃ羨ましい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

というのも、この教会のステンドグラスは

フランスの画家シャガールが手掛けています。

 

このパイプオルガンにガラスの色が映りこんでいるところも

また幻想的です。

 

 

 

 

 

 

シャガールブルーともいわれ、教会に一歩入ると

そこは海に中にいるような幻想的な世界だそうです。

 

シャガールは教会の前方9枚のステンドグラスを直々に

制作したのちこの世を去り、彼の意志を受け継がれ2000年に

すべての窓にステンドグラスがはめ込まれたようです。

 

シャガールのステンドグラスみたいな~とおもっていたら

友達が見せてくれました(笑)

 

私もこの青の幻想的な世界、体感したいっ!!!!w

 

この世界のステンドグラスシリーズっ(笑)

私自身の探求もかねて続けてみたいと思います☆

 

 

フリモントでした~

 

 

 

 

こんにちは、スティップルです。

 

コロナウィルス禍の中、

アマビエの商品を作りたいとの副社長の要望で、卸業務部と連携し、

アマビエのライトランプとサンキャッチャーのデザインをすることになりました。

 

まず、アマビエって何?

ってところからはじまり、ネットでいろいろ検索。

 

江戸時代後期の瓦版に、

肥後国で疫病が流行した際、アマビエと名乗る妖怪が現れ、

「私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、

海の中へと帰って行ったとされる記事があったという。

 

う〜〜ん?

よく分からないぞ・・・

 

 

なんだ、これは?

あまりにヘタクソな絵だぞ・・・

 

他にも水木しげる先生の絵もありました ↓

 

 

ちょっと怖い・・・

 

その後いろいろ調べた結果

 

① 髪の毛が長い

② 上半身が鱗

③ 断定できないけど、手は無く足が3本の絵が多い

④ 水辺や海辺にいる

⑤ 耳がある 目は独特の形

⑥ 口はくちばしのように尖っている

 

というのが、なんとなくの結論。

 

デザインするにあたり気をつけたのが、

わりと気持ち悪く尖った系のイラストが多かったので、

丸めのかわいい系でいってみよ!っていう点。

 

で、キャラをいろいろ考える。

もちろんステンドグラス小物として成り立ってないとNGなんで、

その辺のところも気を使います。

キャラの可愛らしさを表現するラインと

ステンドグラスを制作するために必要なラインを整理し、

初めに思いついたプランが下の画像。

 

プラン1 (ナイトランプ用) ↓

 

 

プラン1 (サンキャッチャー用) ↓

 

 

 

パーツが細かくなりすぎたのと、可愛らしさがイマイチ足りない感じだったので再考。

ということで、次に考えたのが下の画像です。

 

プラン2(ナイトランプ用) ↓

 

 

プラン2(サンキャッチャー用) ↓

 

 

 

いいね!ってことで、この案にて副社長から承諾もいただき、

卸業務部のチーフがこのデザインをもとに実際にサンプルを制作、

今はそれに合わせて商品化に向けてパッケージやロゴ、

イラスト、図面の制作など作業中です。

 

近いうちに弊社の新商品となって発売されると思います。

それまでお楽しみに!!!

 

 

 モレッティーです。

 前々回の終わりに次はガラスカットの予定と

言ってましたがまだ行かない。

 まだ直線の型紙カットの紹介がまだなので今回はこれ。

最高に地味だが最高に大事な直線部分の型紙カット。

ステンドの制作の胆は作図と型紙に尽きると言い過ぎておく。

この工程でのミスは最後まで響いてくる。

では、

 直線の部分の型紙を採るとき、まず両端にパターンシェアーズで

きっかけを入れ、そこに沿ってカッターを入れるやり方してます?

私もしてました。

     

 もちろん悪くはないですが、意外とズレたり、型紙を回したりして

面倒。

 そこで、こんな感じ。

     

 普通の定規と小っちゃい定規、定規に端っこから測れるなら何でもよい。

小っちゃい定規の1mmのところをケイムの芯に重なるようにしてから

カッター定規を当てる、切り始めと終わりでそれをやっておく。

そして、カッターを定規に当てて切ると、

  

 

あら、ピッタリ1.8mmでパターンシェアー。

サクサク作業が進んで効率もアップ。

一度お試しあれ。

慣れてくれば、1mm幅、1.5mm幅、2mm幅とどんな幅にも

対応できるよになる。

今回は最高に地味だけど、これを飛ばして次には行けなかった。

次回こそは。

 注意、写真ではカッター定規を薄いものを使ってしまってますが、厚みの

あるものでやってください。カッターが定規を乗り上げて親指ザクッとやっちゃいます。

私が親指やってしまったのは型紙カーットの時ではなく、雑誌の袋とじを開けるときでしたが。。。

 

では。

 

 

電話する

お問い合わせ