こんにちは、スティップルです。

 

相変わらずのコロナウィルス禍のなか、

例年おこなっている三井ホームさんのインテリアフェアも中止になりましたが、

形態を変え、”2020夏街なかフェア”として開催することになりました。

 

大きな会場に様々な有名家具メーカーさんが一堂に会してブース展示するというのではなく、

名古屋市内に点在する各ショールームで各々フェアを展開するという形です。

 

弊社はショールームがなく、名古屋ルーセントタワーの39階にある

三井ホームさんのデザインセンターのエントランスに場所を借りての展示。

マルニ木工さんとのジョイントになります。

 

 

というわけで7月1日の午後、

モレッティーさんと搬入に行ってきました。

 

 

通常より荷物は少なく、L型壁のステンドグラス2枚と腰壁のロートアイアンのみ。

1時間ほどで設置は完了。

 

 

ただ、L型壁の安定のため置いている水入りのタンクが見えるので、

うまく隠れるようにモレッティーさんが試行錯誤しながら奮闘中。

 

 

2020夏街なかフェアは、7月1日~9月30日の3か月間、

要注目デス!!!

 

 

 

モッレッティーです。

今回はお出かけシリーズ(仮)。

昨年ステンドグラスを納めさせていただいたお客様の

お店のオープンということで、ステップルさんとロンデルさんとで

”サロンニッカ”さんにお邪魔しました。

  

サロンといってもヘアーでもネイルでもエステでもありません。

喫茶です。

  

お店の中は明るく清潔感があり、気軽にくつろげる感じで良いです。

コーヒー美味しかったです。

 

そして入り口横にはステンドグラス。

  

 

ほかにもエッチングガラスも。

 

  

 

因みに施工の様子はこちら

 

  

「おい!モレッティー、しかっり下もってろ。」

「へいっ。」

 

 

刈谷駅の近くにお越しの際はステンドグラスを眺めながら

コーヒーでも一杯いかがでしょうか。

食事もできます。

ぜひ。

 

<お店の情報>

サロンNIKKA (ニッカ)

住所:愛知県刈谷市銀座4丁目81

刈谷駅より北西へ徒歩8分

地図のリンク☟

https://goo.gl/maps/eY9gzoLk3nLcS5gR7

ロンデルです。

 

先日の話ですが長野へ取付に行った時のことですが

 

豪雨にあい駐車してた車が沈んで動かせなくなり

 

JAFにお願いして引っ張り出してもらいました。

 

全身びしょびしょどろどろになりながら穴埋めしたり

 

工事監督さんも神対応でアスファルトの掃除を手伝っていただき助かりました。

 

有難うございました。

 

次の日、ステンドグラスとデザインガラスの取付はバッチリ終わりました。

 

インテリアコーディネーターさんにも喜んでいただきました。

 

 

6月に入り2020年もあと半年ですね、自粛モードから日常に戻りつつある中で

この自粛期間で感じ得たことは貴重な体験だったのではないかと思います。

 

この体験を日常に流され、なかったことにならないよう意識的に

過ごすことがこれから大切になってくるのかなと感じています。

 

さて、ここのところ施工事例ご紹介していますが、今回も

先月のGW明けに納めたホヤホヤ物件をご紹介します。

 

弊社はアイアン枠や木枠もガラスと一緒にご提案させていただいております☆

今回、個人邸で木製のパーテーションと欄間に木枠、そこに強化ガラスを入れました。

(本当は型板ガラスを入れたかった、わたし・・・)

 

現場の工程的に現調ができず図面の寸法で制作することになり

ドキドキしながら多めにクリアランスを取って制作しました。

 

がっ!!!

施工当日、現場について採寸すると枠が入らない!!!

しかも3ミリも枠がおっきい・・・

 

「無理ですね・・・」

「うん。無理だね・・・」

「はぁ~こんなに気持ちのいい天気なのに・・・」

 

なんて会話しながら、自粛モードのGW明けともあって二人ともまったり(笑)

 

「まっ、とりあえず欄間だけでも取り付けよっか」

 

なんて、いいながらできることを考えながら進めていくのであります(笑)

 

で、そうしていくとですよ

まっ、ダメもとで合わせていれてみようとなってくわけで(笑)

 

そうなると、こうしたらあ~したらってそっちに視点がかわっていくのが

面白いですねよ~☆

 

長くなってきましたので結論(笑)

 

天井をグイっっと押上げパーテーションを押し込んで

(図面から8㎜も天井が下がっていたので力技すら効かないと思っていました)

なんと!!!入った!

 

もう絶対に外せないくらいびっちり!!!!

結果、ものすごく綺麗に納まることができました。

 

 

 

 

初めての試みだったので打ち合わせの段階から初めてのことが多い中、

加工屋さんの仕上りも綺麗で、ICさんからお客様がお引き渡しで感激して

奥様が涙ぐんで喜んでもらえたとお礼の電話も頂けました。

 

 

 

写真ではわからない細部にわたり納まりが綺麗になるように

メーカーの方や加工屋さんと考えてミリ単位で打ち合わせをします。

 

イメージング力が鍛えられ、経験値も関わってくるので面白さの中に

プレッシャーもあったりするこの作業ですが、綺麗にピタッと

納まる気持ちよさと、やっぱりお客様に喜んでもらえるところに

繋がっているなとこの現場でも感じさせてもらうことができました。

 

とにかく結果綺麗に納められてホッとしました♡

 

3月から始めたこの施工事例特集w

次回が最終回となります。

 

お楽しみに~~~

 

フリモントでした💛

 

 

こんにちは、スティップルです。

 

6月に入り、緊急事態宣言が全国的に解除となり、

コロナウィルス感染も少し落ち着きを取り戻してる感じですが、

第2波も予想される中、引き続き気を引き締めていきましょう!

 

さて、我が制作部は今年早々スタッフ一人が欠員となり、1月より求人活動中。

当初はコロナウィルス禍も過小評価されていたので、マスク着用はしつつも面接は通常通り。

しかし、4月に入ると世間的に危機感が高まり、それに合わせて弊社も求人を中断。

 

さらに緊急事態宣言が出され空気が一変、もちろん県をまたぐ往来はNG!

困りました・・・。他県からの応募者の方に対しての対応。

どうしよう・・・・?

 

大手のようにウェブ面接にする?

やり方知らんし・・・

zoomって何よ?

 

 

ってわけで、

GW中いろいろzoomのことを調べ、

家族でzoom実験の繰り返し。

 

使えるかもってことで、

遠方からの応募者の方限定ですが、ウェブ面接を会社史上初めておこなうことに。

 

 

結果から言えば、さすが文明の利器、問題なく面接できました。

会話の微妙なタイミングのズレが気になる、

会話が重なると聞き取りにくい、

会社の雰囲気を感じていただけにくい、

等々不具合な面はありますが、大丈夫、使えます。

 

少なくとも遠方からの応募者の方の時間的コスト的負担減になったことは確か。

あとは企業側が通常面接の方とウェブ面接の方に対して、

不平等が無いように細心の注意を払うことが重要なポイントかな。

 

zoomでのミーティング、今後コロナウィルスの第2波がやって来て、

もし在宅やシフト勤務になっても使えるゾって

会社で皆に話したら、皆PCにカメラ付いてないって!!!

 

どんなPC使っとんねん・・・・

 

 

 

 

モレッティーです。

 まだまだ生活は以前の様にはいきませんが、ブログは通常に

戻り作るシリーズ(?)再開です。

 今回はガラスカットから製図、型紙づくりをすっ飛ばして型紙カット。

理由はパソコンで図面、型紙を作ってプリントアウトしてしまったので、

型紙をトレースしたりの工程がない。なのでそのへんはまたの機会に。

 

ということで、実際に型紙を切ってく前に道具の紹介と

失敗しないためのプチ改造。

 

 

 パターンシェアーズ。型紙を切る際、ケイムの芯の幅もついでに切って

くれる優れもの。ただ、線に沿って綺麗に切ってくのは意外と難しかったりする。

 そこで、失敗しない方法を紹介。

 

ハサミにガイドを仕込んでしまう。それだけなのです。

 

すると、まー簡単。線を外すことなくスイスイカットできちゃいます。

 

 

では作り方。

  テープに線を引く。

 

  テープを貼る。

 

  ザクッっと切る。

 

 完成。

 

型紙カットが苦手な方はお試しあれ。

補足ですが、型紙カットするときにはハサミをのぞき込んで

ハサミの線と型紙の線を合わせる感じです。

目にハサミを突き刺さないようくれぐれもご注意を。

 

次回は型紙に合わせてガラスカット、の予定。

では。

 

ロンデルです。

 

愛知県の緊急事態宣言の解除により、

弊社は今週でシフト制在宅ワークは終了し、

対策や対応を心掛けながら通常業務体制に戻ります。

 

在宅ワークを振り返って

何年か前に建てた我が家(引っ越してませんが、、)を在宅ワークルームとしてました。

某ハウスメーカーのインテリアフェアに参加させていただいてることもあり、

家具メーカーの展示品を見たり体感することもできまして、その結果!!

在宅ワークルームに、家具メーカーのリビング・ダイニングセットがあります。

 

 

勿論ロートアイアン手摺やステンドグラスもあります。

 

 

(TVボードはデザインして造りました)

 

今回ダイニングで仕事をしたことにより、家具の機能性や座り心地の良さを実感

高さもバッチリで姿勢も良くなり長時間座っても全く疲れることもなく捗りました。

改めて家具や弊社商品の価値と重要を知る良い機会にもなりました。

この経験を良いモノづくりや提案に活かしていきたいと思います。

 

 

5月ももう半分過ぎ、シフト制に仕事体制になって3週間ほど経ちました。

 

十條に勤め24年間(驚)、こんな毎日を過ごすことはもちろん初めてで

この自粛の中で家に籠り身体が鈍りさすがにまずいと、

2時間くらい歩いてみたり自然を感じながら時間を過ごしたりと

ゆったりと過ごす中、時間の概念など気づきがあるトキを過ごしていました。

 

ただ、自粛モードの中でも制作部は現場やデザインのご依頼が途切れることはなく、

本当に有り難いなと思いながらも4月末、某メーカー様の春日井展示場に伺いました。

とってもお天気もよく気持ちのいい日でしたが静かな住宅展示場でした。

 

今回はロンデルという吹きガラスで制作した丸いガラスを

壁にオブジェのように設置させていただきました。

 

 

施工前

 

施工後

 

玄関横入ってすぐの壁にサインも含め陰影が出るように

壁から浮かせて設置しています。

 

 

ガラスに彫ったが文字が照明で壁に移りこんでサインがわりに

 

壁から金具で浮かせ陰影効果を演出

 

 

 

施工方法を工夫することで空間への提案の幅も広がりますね♡

 

こちらの展示場ですが、大きな掃き出し窓からたくさんの自然光が降り注ぎ、

また壁がほとんどなく大きな吹き抜け空間に解放感を感じられます。

インテリアのセンスがとっても素敵で個人的にも展示場は今を

知れることや様々なこだわりを見れたりしれるので

私自身勉強にも刺激ももらえ愉しくプラン作りからさせて頂けます。

 

こういう機会を頂けご縁に感謝ですね。

ありがとうございました。

まだまだ施工後の写真をUPしますね~

お楽しみに~☆

 

フリモントでした~~

 

こんにちは!スティップルです。

 

新型コロナウイルス感染防止のための緊急事態宣言が延長となり、

息の詰まるような日々が続きますが、いかがお過ごしですか?

 

弊社も4月20日より出勤と在宅の2シフト制となり、

同じ部署のスタッフさえ全員が顔を合わすことが無くなりました。

幸い私はデザインの仕事がメインなので、

在宅でも会社にいる時と変わらず同じように仕事ができています。

 

ということで、みなさん興味無いかもしれませんが、

今回は私の在宅ワークをご紹介。

 

 

楽器に囲まれていますね・・・、笑

 

 

当たり前ですが、仕事中は楽器は弾きません ←当然デスね

 

 

楽器は弾かず、写真手前のノートPCで仕事してます。

このノートPCはウィンドウズ10、会社では27インチのマックを使ってるんで、

画面が小さいのと操作性が違うのにちょっと戸惑うけど、まあまあ在宅ワークは問題ないです。

ただ会社の他のスタッフは出勤しないとできない仕事も多いので今は結構大変です。

 

さて、在宅で仕事をしていると当然家にいる時間が長くなってくるんで、

普段なかなかできませんが、夕方6時を過ぎると仕事を切り上げ、庭の花に水やり。

 

 

5月に入り、パンジーも終わりに近いけど、

我が家のパンジーはまだまだ元気。しっかり水をやります。

 

 

玄関のバラにも水をやり、うん、明日も頑張るぞ!

 

新緑の葉の輝きが眩しく、外で思いっきり過ごしたい季節ですが、

まだまだ自粛の日々が続きます。

日々の暮らしの中に小さな喜びや楽しみが見つけられるように、

心のセンサーを磨いていきましょう!

モレッティーです。

ステンドグラスを制作するのが私の主な仕事。

ほかに現場に取り付けにも行く。

今回は小さなステンドグラスのクリーニングをひたすらやる回。

梱包用にステンドを挟むパット、外側のH型ケイムに入れるヒゴを切る事も。

地味~ですが、今やっておくと後が楽になるからこの機会にやる事に。

いつもより狭くて暗いとこでやってます。テレワークです。週の半分ですが。

 

ここに来る前の私の工房。今は倉庫と化しているため片付けからスタート。

空気清浄機が埃と匂いを感知してマックスに回りまくる。(笑)

とりあえず就業開始時間までには形になりました。

勝手知ったる我が工房での作業で捗るかと思いきや、蛍光灯が一本無い。

マジック類は全部カラカラで書けない。アルコールは気体と化していた。

悲しくもあるが、笑える。

ただ思ってたほどやり易くはなかった。

体が今の制作部の工房に慣れてしまってるようだ。

狭くて、暗い。ある意味新鮮。

そして納品が如く会社に持ってくる。

まだ5月もこの状態が続くようです。

皆さんはどう”おやり過ごし”でしょうか?

ご健康とこの事態が一日でも早く収まるよう願います。

電話する

お問い合わせ