新着投稿

先月、夏休みを利用して滋賀県米原市「ローザンベリー多和田」という

バラがメインの花畑に行ってきました。

 

一番の目的は、園敷地内にこの春オープンした「ひつじのショーン・ファームガーデン」

を拝見することでした。

 

 

「ひつじのショーン」とは、2009年からNHKテレビで放送されているイギリスの

ストップモーションアニメーシヨンです。(子ども番組ですが・・・・)

まだ我が家は子供が2人いるので、実物大の再現に家族みんな大満足でした。

 

 

園内の高台頂点に、ローザンハウス教会がありその内部正面に、巨大でステキな

ステンドグラスが見れました。

 

 

こちらのステンドは、ひつじのショーンを少し意識しているのかな?

 

お昼ご飯は、こちらで設置されているバーベキューコーナーで楽しくいただきました!

 

TAKADA

名古屋は朝晩少し涼しくなり、秋の気配が感じられるようになりなした。が、日中はまだ33度くらいまで上がるので、まだまだ夏ですね。

さて、先日久々にガラスの焼成をしました。最初は上手く焼けたのですが、少しアレンジを加えようとガラスの厚みが7mmもあるのですが、いつもやっている事とカットをしました。

 


上手く焼成できたもの

 


 カットしたもの

 

厚いものをカットすると断面が斜めになることが多く、ルーターなどで処理をして断面を真っ直ぐにするのが良いのですが時間がなく、「えいこのまま並べて高い温度で焼成すれば、ガラスが溶けて隙間を埋めてくれるだろう」と高を括って、作業を続けました。幾度となく、この「これくらいで良いだろう」で作業を進めて、失敗したことか。それでも、学習をしないのか?と思ったことか。それでも、その時の「ちょっと面倒くさい」という気持ちに負けてしまいます。今回もそんな心境だったんだと思います。

 


 すき間だらけ

 

こんな状態で焼いてみたら、

 


 やっぱりすき間だらけ

 

お皿を作るのにこんなに穴が空いていては使い物になりませんね。んー、やっぱり作る時は落ち着いて作らないとダメですね。って、きっとまた同じ事やるんだろうなー。。笑

 

 

jun

以前県外に出かけた時におみやげとして持って行き、

あまりにも気になって自分でも食べてみて大いにハマッたお菓子があります。

それがこちら。昔から駄菓子屋さんなどでおなじみ、クッピーラムネです。

なんでも元々名古屋のものらしくて名古屋駅近くのお土産屋さんで売られていたのですが、

注目すべきはこのサイズ!!

本来のクッピーラムネは一袋握りしめても軽々とちびっこの手に収まるような大きさですが、

これは大きい!!かなり大きい!!

対比するものとして引き出しに入っていたマジックインキを並べてみると、こんな感じになりました。

1粒が2㎝ぐらいあるのでとても食べごたえがあります。

カリカリ齧ると満足感が半端ないです。何より物凄く美味しい!!

もう元の小さなクッピーラムネには戻れなくなりました。

皆様もどこかでお見かけの際はぜひともお試しくださいませ。

213

 

現在、サンプル製作に勤しんでいます

手を切らないように糸面処理をするのですが砥石でひたすらガリガリしています

かなりの枚数をこなしていくと・・・・・

ここまでスリムになりました(笑)

どこまで細くできるかチャレンジしたかったのですがこのあと力を入れすぎて折れてしまいました~

このままでは間に合わないのでルーターに変更してスピードアップ!!

大袈裟ですが文明の利器に感謝ですm(__)m

地味な作業はまだまだ続きます・・・・・

 

miya

 

冬よりももっぱら夏が大好きな太田です。

 

雨に打たれつつSPF100RW(レインウォーター)を人工的に作ってみたらどうなるのかやってみました。

 

 


 ↑ SPF100RW

 


 ↑ クリアーガラスに人工的に作った水滴

 

 

結果100RWがすごく絵になる事が分かりました。
そして自然の雨は全然言う事を聞いてくれませんでした。

 

OTA

今年のお盆休みはみなさま何をなさったでしょうか?
私は特に遠出することもなく、近場のフクロウカフェに
行ってきました。

 

 

 

 

ネコカフェに始まりハリネズミカフェやカワウソカフェなど今やいろいろな
動物を身近に感じられるカフェが増えてきましたが、
フクロウカフェも近年海外の方を中心にファンが多いそうです。
ステンドグラスのモチーフとしてもよく使われるフクロウ、
色々な種類があることは知っていてもどんな色で、どんな形かは
案外知りませんでした。
大きさも色も実にさまざまで飽きることなく眺めていられます。
目を瞑っているのもかわいいです。

 

機会があれば訪れてみられてはどうでしょうか?

 

takano

今年も恒例のがんばれ共和国の季節がやってきました。

 

 

https://www.nanbyonet.or.jp/pdf/ganbare_2019_annai.pdf

 

 

「友だちつくろう」を合い言葉に、難病や障害のある子どもたちとその家族を対象として開催されるこのキャンプに
弊社では毎年ステンドグラス体験コーナーを用意させていただいています。

 

楽しさを第一に追求しているこの共和国で、今年はどんなステンドグラスを作ってもらおうか・・・
今からわくわくしながらミーティングと試作を重ねていっています!

 

全国7箇所のキャンプのうち、4箇所でステンドの取り組みがあります。
先週末に終了している地区もありますが、弊社スタッフが参加する
8月24日(土)の「おいでんほうらい」(モリトピア愛知)では、
ボランティアとして一緒に参加していただける方をまだまだ募集中。
興味のある方は是非、弊社までお問い合わせください。

 

sato

先日、全国各地で梅雨明けしました。
あつーい夏のはじまりですね。
     \ (^o^)/
梅雨明けして早この暑さでは、またまた今年も
各地で記録的な猛暑になりそうですねー /(・_・)

 

友人とおしゃれでレトロな鉄板焼きのお店に行ってきました。
そこの待合室に飾られていたステンドを発見。
待っているあいだずっと見とれていました。

 

 

 

 

目の前で焼いてもらう鉄板焼き料理もとても美味しかったです。

 

Yoshiko

 

 今回は来月の新商品をご紹介いたします。

下記の写真はグラスブラケットです。この商品はガラス作品などを展示するもので
頑丈なスチール製のブラケットです。壁に取り付けるためのビスが3本付属しています。
溝幅は約21mmありブルズアイのビレットを入れるのにもぴったりです。

 

同じブルズアイ社の製品のカラーラインを使用した作品例も合わせてご紹介いたします。
専用のペン先、もしくは水彩筆でビレットに絵を描きます。
焼成はガラスの変形を防ぐために周りにダムを組み、必ずガラスの下にはセパレートペーパー
など離型紙を敷いてください。
支柱もガラスが接する面には離型剤か離型紙を使用しましょう。

 

今回は730℃で焼成しました。カラーラインの焼成可能な温度帯は700℃~820℃ですが、
低温では色がしっかり発色しないものもありますので、ご注意ださい。

 

こんな感じになりました!屋内、屋外でも設置できておしゃれです。
皆さまもすてきな作品を飾られてみてはどうですか。

 

HARADA

おかげさまで半期棚卸も無事終了し、在庫切れだった商品も入荷しました。

国内製品はもちろん、先日、ミルフィオリやダイクロガラスも入荷しました。

 

そんなダイクロガラスの中で柄の面白いものをピックアップしてご紹介します。

まずは、定番で以前に紹介したこともあるガラスです。

この2種類にはクリアのものもあります。

 

 

つぎは定番外のガラス三種類です。

 

 

 

ワンポイントで使いたくなる、面白い柄ですよね。
在庫は、ためしに数枚を取り寄せたものなので、わずかしかございません。

5種類とも厚さが2mm程度です。
もし、気になりましたら、担当までご連絡ください。

 

ITO

電話する

お問い合わせ